生活用品をインターネットで購入

多くのサラリーマンにとって平日の朝から夕方まで勤務し、夜は家族と団らんすることが一般的な生活パターンですが、以前から夜遅くまで残業する人が多く、企業側は残業代が嵩む一方で

シフト制で働くサラリーマンの生活パターンに対する企業側の配慮

生活用品をインターネットで購入 多くのサラリーマンにとって平日の朝から夕方まで勤務し、夜は家族と団らんすることが一般的な生活パターンですが、以前から夜遅くまで残業する人が多く、企業側は残業代が嵩む一方でサラリーマンは疲れが残って健康を害したり、夜の帰宅後に家族と団らんする機会が土日の休日だけになってしまうことが社会の在り方として問題視されていました。そこで、企業側が労働組合と話し合い、出勤時間を1、2時間早めて、その分、帰宅時間を早くするアイディアを実行したところ、退社後の数時間に趣味やスポーツに興じたり、帰宅して子供と遊べる等、本人にも家族にも良い面が多くて好評のようです。

ところが、サラリーマンの働き方として、仕事によっては機械類や設備を常時運転し続ける職場のように仕事の都合上で休日、平日の区分なく、1年を通じて毎日24時間を2交代制や3交代制で働かざるを得ないサラリーマンが意外に多くいます。こうしたケースでは職場をシフト制にして昼間と夜間の勤務を分担しながら働いているわけです。

こうした職場に働くサラリーマン家庭では朝から夕方まで働く一般的なサラリーマン家庭の生活パターンと大きく異なります。体調維持や健康管理に気を配る必要があるし、家族の在宅時間に本人が睡眠を取らなければならないので、家族との団らん時間が一層少ないからです。従って、不規則な勤務を続けるサラリーマンの多い職場を抱える企業こそ本人の健康管理や家族との団らん時間に対して配慮が必要なことだと言えます。
Copyright (C)2019生活用品をインターネットで購入.All rights reserved.